第12回メタボロームシンポジウムは約420名の方々にご参加いただき、
皆様のご協力のもと盛会に終了いたしました。

 


▼概要

 会 期 : 2018年10月17日(水)~ 19日(金) 
       ※初日10/17(水)の受付は、12:30より受け付けます(予定)※

 ・会 場 : 鶴岡市先端研究産業支援センター(鶴岡メタボロームキャンパス)D棟レクチャーホール
       ※遠隔会場_共用棟大会議室(ホール隣の建物内)
        〒997-0052 山形県鶴岡市覚岸寺字水上246-2  <詳細>

 ・参加費 : 一般 5,000円  ・ 学生 無料       

 ・
懇親会 : 初日10月17日(水) 19:00~ @グランドエル・サン  
        < 一般 5,000円 学生 2,000円 > 

 ・主 催 : 第12回メタボロームシンポジウム実行委員会

 ・共 催 : 慶應義塾大学先端生命科学研究所

 後 援 : 山形県、鶴岡市   

 お問合せ: 第12回メタボロームシンポジウム事務局  
        (慶應義塾大学先端生命科学研究所内)
         Tel: 0235-29-0802   
         Email: mb2018<at>iab.keio.ac.jp  ※<at>を@に変えて送信して下さい 

シンポジウム チラシ

 

 



▼ご挨拶
 

 第12回目を迎えますメタボロームシンポジウムを平成30年10月17日(水)~19日(金)の 3日間にわたり、
山形県鶴岡市の慶應義塾大学先端生命科学研究所を中心として開催いたします。
  本シンポジウムは、メタボロミクスの最新の技術や応用を発表、議論する場を提供し、これを広い分野の
方に知っていただくことにより、メタボローム解析技術をより多くの研究と実用に活用できるようにする
ことを目的として2006年から毎年開催されております。
 本年は、「メタボライトテクノロジー」、「エピメタボライツ・オンコメタボライツ」、「医薬」、「微生物・腸内細菌」、「食品」、「植物」、「脂質メタボロミクス」、「新技術」、「統計・インフォマティクス」、「マルチオミクス」、「バイオテクノロジー」のセッションを設け、初日には理化学研究所の宮脇敦史先生をお迎えして特別講演をしていただく予定です。
 最新の研究成果を基にした熱い討論を通してこの研究分野の更なる発展に向けたシンポジウムにしたいと思います。是非多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

 

第12回メタボロームシンポジウム実行委員長 冨田 勝
慶應義塾大学先端生命科学研究所長